シンワ工業株式会社 鋼管 継手の製造販売

title2.jpg

HOME > 事業案内 > 表面改質処理

表面改質処理

プラズマ溶射により基材にセラミック、サーメット、金属の各皮膜を形成させる表面改質技術です。
【 特長 】
耐摩耗性、耐食性、耐熱性、電気絶縁性
【 結果 】
経費の節約・生産性の向上・機械寿命の延長により省資源に貢献します。

hyou.jpg

botton.png

ご用途に応じた表面改質加工をご提案申し上げます。
お気軽にご相談下さい。

[1]鋼管内面溶射

内容
回転する管内で小型のプラズマ溶射トーチを移動させて溶射皮膜により管内面を改質する
溶射箇所
直管及び、曲管(エルボ管)の内面
膜厚:100〜400ミクロン程度
用途
ボイラーの羽口、製鉄所の炉壁冷却管
化学プラントの薬液配管
石炭灰、セメント、コンクリートの搬送管

[2]現場でのセラミック溶射

内容
トラック積載のプラズマ溶射装置による現地溶射加工
溶射箇所
取外しや移動が困難なボイラー、大型機械、タンクの補修
用途
溶射補修による損耗機械の寿命の延長
機械の移送費の節約。再稼働までの期間の短縮

yosha-5.jpg
エルボ

yosha-3.jpg
可動式

yosha-6.jpg
トラック積載

yosha-7.jpg
製品

yosha-2.jpg
ラドル

yosha-1.jpg
長尺管